日立・ひたちなか・宇都宮のスポーツ自転車専門店『BICYCLE PARK O2』(バイシクルパーク O2)

スポーツ自転車とは?

ロードバイクの選び方

ロードバイクは、アスファルトの上をより遠くに、より速く、より快適に目的地まで走ることができる自転車です。少しの体力とコツを掴めば時速30km前後で走り続けることもでき、エンジンを使わない乗り物としては最速とも言われています。

ロードバイクの特長

ロードバイクを選ぶポイント

ロードバイクといっても近年、用途や目的に適したモデルが増えてきております。まずはあなたがロードバイクに乗って何をしたいのか、どうなりたいのかを思い描いてみてください。長距離を走るロングライドなのか、坂道・峠などの山岳サイクリングなのか、それともレースでガンガン走りたいのか・・・目的によって選ぶポイントやモデル等も多種多様ラインナップされておりますので、遠慮なくO2のスタッフへお声掛けください。

通勤・通学に使う

毎日乗ることが前提ですので、耐久性の高いバイクを選ぶのが良いかと思います。タフに使えるフレーム素材としてクロモリやアルミのものが最適です。ホイールやコンポーネントも耐久性を求めると安価なグレードはお勧めできません。一番消耗するタイヤは耐久性、耐パンク性、耐摩擦性が優れたものを履けば安心、さらにちょっと太めのタイヤをチョイスすれば、多少の段差や荒れた路面でも走行しやすくなるので、フレームクリアランス(フレームとタイヤの隙間)があればおすすめです。

通勤・通学に使う

週末サイクリングを楽しむ

週1~2回のサイクリングで、距離は50km前後からという利用目的の方がもっとも多いかもしれません。この目的ならば、特に車種を絞り込む必要は無いと考えております。目的と予算に応じてあらゆるモデルが用意されているので、お好みのカラーやデザインで選んだり、フレーム素材やフォルム、そしてアッセンブルされているコンポーネントなど選ぶ範囲は広くなっております。自分好みの一台を選んでワクワク・ドキドキの楽しい週末を楽しんでください。

週末サイクリングを楽しむ

ロングライド・長距離を楽しむ

走行距離が伸びてきて気づけばロングライド(100kmオーバー)になっていた方も多いはず。近年メーカーよりロングライドに向いたモデルが多く発売され従来のロードバイクとのすみわけがされております。大きな違いはヘッドチューブの長さ。この長さが長いものがコンフォートモデルとかロングライドモデルとかいわれており、ハンドル位置がやや高くなり楽な乗車姿勢がとれるようになっています。さらに快適性を追求したフレーム形状や素材、構造が採用されているモデルも多くなりファーストバイクとして選ぶ方も増えております。

ロングライド・長距離を楽しむ

レースで楽しむ

ロードバイクはもともとレース用に作られたのがはじまりですので、本来の目的はここが原点です。機材スポーツであるがゆえに、特にレース等では重量や空力といった少しでも楽に走れることに開発が進み、全体重量が6kg台の完成車まで販売されはじめております。コンポーネントではシフトチェンジをボタン操作(スイッチ)により、モーターとバッテリーでギア変速を行える電動シフトも開発され、ワイヤーで変速するコンポーネントよりも更にストレスフリーなものとして使用されております。大会やレース向きのバイクはオールラウンドに使用できるモデルが多くラインナップされております。特長や専門性を重視するモデルも増えてきて、選択が分かれるところです。

レースで楽しむ

今週のRIDE & WORKSHOP