日立・ひたちなか・宇都宮のスポーツ自転車専門店『BICYCLE PARK O2』(バイシクルパーク O2)

店舗案内

BICYCLE PARK O2
日立本店

世界最軽量アルミロードフレーム by 店長

更新日:2011年2月10日

カテゴリー: 商品紹介

昨日、ジャイアントの技術講習会&スプリングモデルの発表があり、東京の九段会館へ行ってきました。

そこで発表されたモデルが世界最軽量アルミロードフレーム「TCR SL」なんと重量1100g
2011_0209_142414-P1030146_convert_20110210192348.jpg2011_0209_142352-P1030144_convert_20110210192212.jpg
昨年キャノンデールが歴史を塗り替えたアルミロードフレーム「CAAD10」で世界歴代最軽量1130gが誕生したばかりなのに・・・さすが生産台数世界一のジャイアント、技術力、スピード、コストパフォーマンスは・・・。試乗車等は用意されていなかったのが残念でしたが是非CAAD10と乗り比べしてみたいな~と思いました。
フレームは軽さだけがすべてでは無いけれどやっぱり軽いのはイイですよね。

2011_0209_142401-P1030145_convert_20110210193020.jpg2011_0209_142450-P1030149_convert_20110210194437.jpg
今のところフレーム販売はなく、完成車のTCR SL1はスラム「FORCE」仕様、ホイールはスラム「S30」リムハイト30mmのミディアムエアロ仕様で重量7.1kg、SL2はシマノ「105」仕様、ホイールはAクラスのALX440SL仕様で7.9kgで¥189000。入荷は4月予定だそうです。
今季「TCR SL1」は実業団チーム「湘南ベルマーレ」が実践投入するそうです。カーボン全盛のレースにアルミフレームで立ち向かう?なんかいいじゃないですか。

技術講習は原点回帰の講習内容でした。
バイクの音鳴り、異音などの原因や対策、解決方法などを学び、メンテナンス、定期点検整備の重要性を改めて感じ、更に安心安全なバイクをお渡ししなければと気を引き締めた次第です。

午後からの講習は「ロックショックス」のフロントサスペンションフォークや「AVID」のディスクブレーキの構造や整備等の内容でした。ここでも基本的な整備を改めて学んできました。

そんな中ライバルメーカーであるFOXレーシングのF100 FITテラロジックの自動ロックアウトシステムとロックショックスのSID(シド)WCのモーションコントロールの比較が面白かったかな?
2011_0209_145003-P1030154_convert_20110210192720_20110210203419.jpg
左がモーションコントロール、右がFITテラロジック、こちらの真ん中(金色)にあるのが分銅で衝撃でこれが動きオイルが流れストロークしロックアウト解除になるのです。

2011_0209_145301-P1030158_convert_20110210192842.jpg
こちらはAVIDの「Elixir」(エリクサー)のカットモデルで「テーパボア」テクノロジーを採用し、引きが軽く、軽量で耐久性が高いそうです。そういえば最近各完成車メーカーの上位機種にはこれが多く搭載してますね。

少しづつ腰の具合は良くなってきました。3週間も運動せずにいるなんてここ何年いや何十年もないな~と。汗をかかないと気分がすっきりしないな~とか、ペダルを漕げないとストレス溜まるな~とか感じている今日この頃です。来週からは少しずつ乗り始めようかなと思ってはいますが無理せずにリハビリしていきます。
宮古島行きU野さん、N澤さん、O坪さんごめんなさい。

今週のRIDE & WORKSHOP