日立・ひたちなか・宇都宮のスポーツ自転車専門店『BICYCLE PARK O2』(バイシクルパーク O2)

店舗案内

BICYCLE PARK O2
日立本店

シマノ海外工場視察 by 店長

更新日:2012年2月16日

カテゴリー: スタッフブログ

12日(日)から2泊4日スケジュールでシマノのマレーシアとシンガポールの3工場を視察に行ってきました。

P1010361_convert_20120216194623.jpgP1010362_convert_20120216195620.jpg
上の工場はマレーシア工場で綺麗で清潔感があり周辺の建物などと比べても立派に感じました。




P1010375_convert_20120216200334.jpgP1010374_convert_20120216201019.jpg
P1010384_convert_20120216202416.jpgP1010366_convert_20120216202654.jpg

工場内は撮影が禁止になっており残念ながらお見せできませんが自転車パーツのチェーンホイール、ぺダル、ブレーキ、ブレーキレバー、ケーブル、ブレーキパッドや釣り用リールなどを生産していました。

工場内も外観に負けず清潔&整理整頓が行き届いていて綺麗でした。

機械がすべてするのかと思いきや熟練した方の手作業もかなりのウエイトを占めていて、あの価格であのクオリティーと驚くばかりでした。
マレーシア人は勤勉で手も器用との事を聞いて納得しました。

出来上がったそれぞれのパーツは抜き打ちで精度検査され製品誤差等がないか確認し、組み立てられさらにクォリティー高い製品として出荷するそうです。



P1010416_convert_20120216203844.jpgP1010377_convert_20120216203754.jpg
先ほどの工場から2㎞離れたところにあるホイールセンター(工場)。ここではデュラーエースのフルカーボンホイール(C50,C35)、XTR以外はすべてこの工場で生産されていました。

ここではリム、ハブ、スポーク、ニップルのすべてが生産されて組立まで行います。

組立はR-500以外(最終検査は手作業でした)すべて手作業で組み立てられているようでしたが、ここでも熟練の職人さんが何十人とテキパキとホイールを組んでいて縦ブレ、横ブレ、センター出し、そして究極はスポークテンションメーターで一本一本を検査して製品として完成させていました。


後日に続く



今週のRIDE & WORKSHOP