日立・ひたちなか・宇都宮のスポーツ自転車専門店『BICYCLE PARK O2』(バイシクルパーク O2)

店舗案内

BICYCLE PARK O2
日立本店

2016キャノンデール

更新日:2015年7月16日

カテゴリー: 商品紹介
ニックネーム: ウッチー

2016キャノンデール、ブランドキャンプに行ってきました。

 

2日間しっかり勉強して、しっかり試乗車にのって、しっかり仕事してきました。

 

今回試乗したバイクは5車種

 

すべて、2016新設計のNEWバイクで、どのバイクに乗ってもワクワクして最高です。

IMGP0304

まず最初に試乗したのが、F-SI

 

2015モデルを試乗したときに、かなりビックリしたF-SI

サドルの真下にリアタイヤがある用な感じがする乗り味で、

登りのトラクションの掛かりの良さは衝撃的で、今でもしっかり覚えてます。

 

そんな攻撃的なバイクF-SIに2016モデルでは27.5インチモデルが登場し

魅力的な金額のバリスティックカーボンモデルも追加になりました。

 

 

そして、今回の試乗コースは、八ヶ岳山麓の楽しいトレイル

登りは林道で、しっかり後輪のトラクションを確認して、下りではハンドリングの確認

IMGP0302

さすがF-SI、レーシングバイクなのか、ハンドリングがクイック

今乗って私情車と比べると、かなりクイックなハンドリングで、すこし怖いくらいでした。

(ハンドル高など、しっかりポジションは出していません)

けれど、少し走ればクイックなハンドリングも自然にコントロール出来るようになり

少しの荷重移動でギュンギュン走れるようになっていました。

 

そして、登りでもビックリ

クイックなハンドリングはまったく気にならず、荷重移動をしなくても、

しっかりリアタイヤが路面に食いつきグイグイ登ります。

かなり悪い路面も試しに走ってみましたが、グイグイ行きます。

 

XCレースなど、速く走りたいときのバイク F-SI

 

フルサスほど見た目のインパクトはありませんが、

走りはフルサス以上にインパクトがあり、

XCレースに出るなら、絶対にF-SIと思えるほどの衝撃的な走りは27.5インチになっても変わりませんでした。

 

2016キャノンデールはマウンテンバイクの進化が止まっていませんでした。

 

今週のRIDE & WORKSHOP