日立・ひたちなか・宇都宮のスポーツ自転車専門店『BICYCLE PARK O2』(バイシクルパーク O2)

店舗案内

BICYCLE PARK O2
日立本店

ツール・ド・おきなわ 黒澤編 ③

更新日:2017年11月17日

カテゴリー: スタッフブログ
ニックネーム: クロサワ

茨城県日立市のスポーツバイクショップ

 

バイシクルパークO2 日立本店 クロサワです。

 

11月11日(土)、12(日)、13(月)とツール・ド・おきなわに参加して参りました。

 

他のスタッフと違い、私はツール・ド・おきなわ以前に沖縄県に行くこと自体が初めての経験でした。

 

3時前に、ひたちなか店に集合しoさん・Aさん・スタッフ内野と乗り合いで一路羽田空港まで・・・。

人生二度目の飛行機!

 

搭乗口でQRコードをかざす事を忘れ、空港の方に恥ずかしい指摘をされてしまいました笑

 

羽田空港から飛行機に乗り、沖縄・那覇空港まで向かいました。

 

空港近くでレンタカーを借り、車でレースの受付会場へ。

 

道中の伊芸サービスエリアで沖縄料理の定番・沖縄そばを頂きました!

初めて知りましたが、沖縄そばは豚の三枚肉、ソーキそばの方は、骨付きの肉(スペアリブ)を使っているのですね・・・。

 

昼食後は、デザートにブルーシールアイスで紫芋アイス!

 

バニラとの相性が非常に良く、とても食べやすかったです。

 

 

 

受付後は三日間お世話になる、ホテルにチェックインしバイクの準備をし、

 

観光地で有名な万座毛へ試走に出かけました。

 

有名な象の鼻の形をした岩。自然の力は凄いと改めて感じました。

 

2日目はいよいよレース本番!

 

夜が明けきらない内に、ホテルから約50kmドライブし、市民140kmのスタート地点へ。

今回の市民140kmは、初参加のHさん、大阪から単騎参戦のMさん、沖縄を10回以上完走の大ベテランのAさん。そして宇都宮店スタッフ渡邊、日立店スタッフ森、黒澤の6名。

 

荷物の預けから、市民140kmのスタートまでは3時間近く待機時間があるのでレース前とはとても思えない雰囲気でした。

 

 

待機中、国際210kmを逃げるスタッフ・普久原を見送り。

 

今年は国際クラスの逃げと、集団の差が大きく市民140kmのスタート時間が30分遅れる事に。

 

スタートは403名という、大集団の中程。

 

ベテランAさんは前方右側、Hさん・Mさん・スタッフ3名は纏まって左側からのスタート。

 

スタート後の平坦は集団内で楽にこなし、集団で一度目の普久川ダムへ。

 

此処でスタート時の並ぶ位置が左に居たことが裏目に。右は速いライダー、左はマイペースで行く人で埋まり、身動きが取れない状態になってしまいました。

 

下りで集団前方に追い付くために踏むも、追い付かず第三集団で海沿い・2回目の普久川ダムへ。

 

此処で初めて足が攣りそうになり、第三集団からも遅れ少人数の集団でゴールを目指すことに。

 

しかし、最後から三つ目の100km地点の関門でリタイアになってしまいました。

 

3日目は、お楽しみの沖縄観光!

 

ドライブ班は、日本の灯台50選にも選ばれている残波岬の灯台へ。

 

 

 

99段の階段を上り、灯台の上へ。

 

グルリと360度回れますが、写真の無いところは断崖絶壁で写真が撮れない位スリリングでした。

 

興味がある方は是非。

 

 

残波岬を後に、那覇市内へ。

 

オススメされた88ステーキで、テンダーロインステーキを頂きました。

 

個人的にレース自体は完走出来ず、非常に悔しい思いをしましたが、モチベーションを保ち1年後には必ず戻りたくなる良いイベントでした。

 

三日間ご一緒させて頂いた皆様、お疲れ様でした。また来年も宜しくお願い致します!

 

Hさん、一緒に140kmリベンジ目指しましょう!

ツール・ド・おきなわは、レースだけでは無くサイクリングも楽しめるイベントですので、初めてのサイクルイベントにも、ベテランの方は年間の総仕上げイベントにもオススメです!

 

是非、日立本店へお越し下さい。ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週のRIDE & WORKSHOP