日立・ひたちなか・宇都宮のスポーツ自転車専門店『BICYCLE PARK O2』(バイシクルパーク O2)

店舗案内

BICYCLE PARK O2
ひたちなか店

宮古島トライアスロン行ってきました。

更新日:2018年4月25日

カテゴリー: スタッフブログ, ライド&イベント

茨城県 トレックコンセプトストア

バイシクルパークO2ひたちなか店

 久々の登場の品田です。

 

 

3年ぶりの宮古島トライアスロンにO2TRC(オーツートライアスロンクラブ)のメンバー、お客様と参加してきました。

トライアスロンシーズン開幕戦的な大会でもありますし、毎年抽選で選ばれた方(今年は増員で1661名)だけが参加できる人気の大会です。

 

今年は当店お客様の中では私含めて4名、O2TRCからはTさんと自分の2名、抽選に漏れたみなさんの思いを背負って挑んできました。

サンゴが隆起してできた島が宮古島なので綺麗な海を泳ぐ(3km)ことが出来るのも魅力でし、島沿岸部の景色を1周半(157km)も楽しみながら自転車で走れるし、町を抜けて島の真ん中の農園地帯をランニング(42.195km)と言う何と贅沢な時間(制限時間13時間半)を過ごす事の出来る憧れの大会でもあります。

大会当日は島全体がトライアスロン一色となり地元の方々の理解と沿道の声援が参加者を魅了する素晴らしい大会となっています。

 

2015年に参加した時は海が荒れスイム中止でデュアスロンとなり、バイクは強風が吹き荒れ横風や向かい風に悩まされた時と比べれば、今年は風も強くなく曇り時々晴れの恵まれ天候で湿度は高かったようですがまずまずのコンディションだったかなと思います。

 

7時号砲、苦手なスイムパートは安全第一でまいど最後尾からスタート、水中バトルには巻き込まれずきれいな海なので海底を見ながら気持ちよく泳ぐことができました。折り返しからは向かい潮だったので海底の景色が少しづつしか変わらず2周回とも苦戦しましたが何とかスイムフィニッシュ、砂浜に上がり後ろを振り返ると数十名しか泳いでない様子だったので最後の方かなと思っていましたが結果は1時間11分で1267位、タイム、順位的にはやはり良くなかったですがこれが今の実力と言うことで第一関門を無事にクリアー。

 

陸に上がればなんちゃら?少々得意なバイクパート、補給をしっかり取りながらスタート、名物の伊良部大橋を渡って伊良部島、池間島、東平安名崎灯台、来間島など観光名所の海岸線の景色を見ながら気もち良くイーブンなペース&ペダリング、追い風、向かい風、アップ、ダウンを楽しみながらバイクフィニッシュ、5時間11分(AV30km以上は目標達成)、335位まで順位アップ!なんと932人抜き!過去最高の追い抜きでした。自分的には500人位かなと思っていましたが900人以上とはビックリでした。

 

そして最後のランパート、陸上競技場のある宮古島市街地の中を抜けて中央部の農園地帯を走る自然豊かで結構なアップダウンが繰り返すタフな往復コース、今回は脚の故障が続き練習不足だったので頑張って半分の折り返し地点までは走りたいと思っていました。スタートして10km地点まではキロ6分オーバーと余裕をもって走り何とかクリアー、21kmの折り返し地点まで行けば残り歩ってもゴールは出来ると踏んでキロ6分イーブンキープで進み折り返し地点に無事到着。

今回のラン目標は達成し一安心。完走は見えた!じゃ行ける所まで行ってやれとキロ6分前後のイーブンで走り続けて30km地点も何とかクリアー、そしてまさかの35km地点もクリアー、脚も筋疲労はありましたが不調の脹脛は大丈夫、残りはゴールだ!市街地に入り地元の方々の声援や応援に励まされ陸上競技場へ無事に戻って来れました。ラン4時間40分

 

総合記録11時間2分、総合281位(完走者数1270人中)と言う結果となり、思っても見なかった歩かずにゴールできるという記憶に残る大会となりました。

大会関係者のみなさん、そして宮古島市民のみなさん、ご一緒して頂いたみなさんに感謝したいと思います。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

トライアスロンに興味がある方、カナヅチだった品田がトライアスロンデビューをお手伝い致しますので遠慮なくいろいろとお聞きください。

 

今週のRIDE & WORKSHOP