自転車用シューズの選び方とサイズ その3

スタッフブログ 宇都宮店

出先で歩くことが多いならMTB系やツーリング向きのシューズを!


 

栃木県宇都宮市トレックコンセプトストア、バイシクルパークO2宇都宮店です。

 

という事で前回の続きで、歩くのに適したシューズ選び方です。

 

その1、その2はこちらから↓↓

 

自転車用シューズの選び方とサイズ その1

自転車用シューズの選び方とサイズ その2

 

 


 

見出しにも書いておりますが、歩くのに適したのはMTB系やツーリング向きのシューズとなります。

 

「具体的にどういうシューズ?」と言った疑問に答えるのであれば、

「スニーカータイプのシューズ」でしょうか。

 

 

 

 

これはもう見たままですね。

歩きやすさはスニーカーとあまり変わらずにビンディング機能を追加したもの、となるわけです。

 

設計そのものが歩くのを前提としているので、歩く機会が多いのであればこのタイプがベストでしょう。

 

 

ビンディングシューズではありますが、店頭に置いているこの2つのシューズは標準でカバーがされている状態なので、

ビンディングとして使わないと言う方法もあったり・・・。

 

 

 

 

 

 

ちなみに金具はSPDタイプになるので対応してるペダルはこういった形状の物になります。

(写っている3つのペダルは片面フラット、片面SPDタイプで、それ以外にも両面SPDと言う物もあります。)

 

 

 

 

 

なので、慣れるまではフラットペダルで、

慣れたらビンディングにしたいと言う方はこのペダル1つあれば解決と言う訳です。

 

 

 

この様に使い方によって色々とシューズもペダルも選び方が多く存在します。

 

また、シューズやペダルもボントレガーの物であればご購入後30日以内であれば、

実際にご使用いただいて構いませんので、「サイズを変えたい、違うグレードにしたい」などの理由でも

返品、交換が可能ですので、是非一度ビンディングシューズと言う物を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP