ひたちなか店からトレックのアルミについて

スタッフブログ商品紹介 ひたちなか店

今回は、トレックバイクのアルミ素材についてご案内。

 

茨城県 トレックコンセプトストア

バイシクルパークO2ひたちなか店

 

スポーツバイクを始める方が段々とひたちなか市にお住まいの方を

中心に増えていて、安全やマナーなどにも関心を持って頂いているお客様が多く

有難いです。

スポーツバイクを始めるにあたって、最初の壁が『アルミなのかカーボンなのか』という

フレーム素材の話になります。

もちろん、ご予算の兼ね合いもありますがひたちなか店ではお客様との

話し合いで長い間乗って頂けるその方のライフスタイルにあったバイクを提案させて頂いています。

 

今回は、Alpha アルミのご案内。

トレック史上最高峰のアルミ

アルミ製のフレームやコンポーネントは長い間自転車産業の中軸であった。

だからといって進歩や成熟の余地がまったく残されてないわけではない。

トレックは最も洗練された金属学の概念をAlpha アルミに適用し、アルミが持つ性能を極限まで高めてきた。

強くて軽く、カーボン製品と肩を並べる走りの質を持つフレームを作ってきた。

 

という訳で、ひたちなか店スタッフもアルミ・カーボン乗り比べをしますが

ちょっとした重さの差・強く踏み込んだ時のフレームの反応にカーボンの良さを感じますが

その差も本当にごくわずか。むしろ、アルミの方が好みの方も増えているくらい。

 

しっかり、空力も考えられている作りも魅力。

ハイドロフォーミングという製法を用いています。

 

ハイドロフォーミングとは?

高性能自動車の世界でその効果が証明されているハイドロフォーミングとは、

円筒状のフレームチューブに液体を注入して、成形したい形状へと変形させる製法である。

ハイドロフォーミングという技術により、トレックのエンジニアは高い空力性能を発揮する複雑なアルミフレームデザインを、

設計図から生産ラインへと送り込むことができる。

どのエンジニアに尋ねても、形状の本質は円であると答えが返ってくるだろう。

アルミフレームのチューブが元々円筒状なのは、荷重を均等に分散し、チューブ全体が同じ硬さとなるためだ。

しかし円形状は空力特性に優れていないため、トレックはハイドロフォーミングを用いてアルミチューブを、

強度を保ちつつも空力性能と走りの質を高める形状へと変えた。

 

滑らかな溶接部

この写真を見て頂くと溶接のあとが分からない位綺麗な仕上がり。

毎年、きれいな仕上がりに感動しています。

トレックの最先端Alpha アルミフレームは、重量を減らして構造体としての一体感を高めつつ、

高強度でありながら見た目も美しい、斬新な溶接方法、Invisible Weld Technology(溶接痕を目立たせない技術)を採用する。

嘘は付けない、見た目は大切だ。高品質なロードバイクには、各接合部が目で見えないくらい、

すっきりと品のある外観が必要となる。Invisible Weld Technologyがまさにその答えだ。

互いのチューブが完璧に組み合うよう加圧成形したことで、

トレックのエンジニアはチューブ同士を溶接しやすくしただけでなく、それに伴う溶接材の量を大幅に減少させた。

溶接材が減り、フレームの表面積が増えたことで、結果として強度と耐久性が上がる。

これはまた、生産エンジニアがバイクを構成する材料の全重量を管理でき、

その結果、一般的なカーボン製品よりも軽いフレームを造りだすことができる。

トレックのInvisible Weld Technologyを用いた、軽量で超高強度のAlpha アルミフレームで組み上げられたアルミバイクは、

走りの質や重量でカーボンバイクに勝てないという固定概念を打ち破った。

 

現在、店頭に

Émonda ALR 5

カラー / Matte Gravel/Gloss Quicksilver ¥172,000(税抜)

がございます。

そして、入荷待ち・受注受付中のこちらのカラー!!

カラー / Purple Flip  ¥172,000(税抜)

ご予約お待ちしております。

実際のカラーチェックでカラー / Purple Flipのフレームセット入荷済みです。

キレイなカラーです。

是非ご覧ください。

 

Émonda ALR 5 Disc ¥199,000(税抜)

ディスクモデルも絶賛ご予約受付中。

 

 

 

 

PAGE TOP