空気入れが楽しくなるポンプ!

スタッフブログ商品紹介 ひたちなか店

茨城県 トレックコンセプトストア

バイシクルパークO2ひたちなか店

 

寒くなったり、暑くなったりで良く分かりませんが、

ツールド沖縄に参加する皆様は熱くなっています。

市民レース最高峰の大会!サイクリングカテゴリーも最高峰の楽しさ!

天気も良さそうで、本日早朝に品田率いる第一部隊が旅立ちました。

明日、出発する南口も楽しそうです。

 

さて、タイトルの話に戻りますがサイクリストにとって

大事なのがフロアポンプ。

1週間に一度は必ずチェックするタイヤの空気圧。

これまで、色々なポンプと共に生活してきましたが

ポンプのグレードによっても空気入れに対するモチベーションが

変る事を実感しているモーリーです。

 

現在、モーリー愛用中のポンプはコチラ。

Bontrager Super Charger Floor Pump

  • オールアルミのバレル、ベース、ハンドル、ゲージ構造は、軽量で耐久性が高い
  • 安定性のある大型ベースで倒れにくい
  • 交換可能な内部パーツにより、機能の寿命が向上
  • アルミレバーのオートセレクトヘッドは、仏式と米式バルブの両方に即座にフィット
  • ビルトインエアリリースバルブで空気圧調整が容易に
  • 高位置の2.5インチ(6.5cm)特大ゲージで、使用中にも空気圧を確認しやすい
  • 長さ45″(114cm)のホース、最大圧力160psi (11bar)

このポンプのおかげで空気入れをする楽しさを知り、何よりもこのポンプを使いたいと

いう思いに駆られ点検頻度が上がってしまいました!!

 

そして、さらに最近感動したものはこちら!!

 Bontrager Dual Charger Floor Pump

  • スチール構造と交換可能な部品により、長期間の利用が可能
  • オートセレクトヘッドはプレスタとシュレーダーバルブの両方に即座に対応
  • 安定性のある大型ベースで倒れにくい
  • 見やすい4インチのゲージ
  • ベースに取り付けられたスイッチで、大容量と高圧設定を簡単に切り替えられる
  • 大容量設定なら素早く充填できる
  • 高圧設定なら、高圧になっても充填は簡単に
  • Max pressure 160 psi (11bar)

 

説明に記載されていますが、

なんといっても

青ゲージ(低圧時)

と赤ゲージ(高圧時)

レバーで切り替えることで負担なく空気を入れる事が出来る。

低圧時は、少ない回数でたくさん入ってくれて、

高圧時は、軽く入れられる不思議な仕組み。

 

普段、高圧になるとどんどん力を入れないといけなかったのが

これなら楽ちん!!!

店頭でお試しください。

 

自転車のメンテナンスは、自転車を楽しむには必須。

この必須なことを楽しい事にするか、めんどくさい事ににするかは

アイテムで変えられる。

楽しい自転車生活をご提案できればと思います。

 

沖縄に出れませんでしたが、

来週のツールドひたちなかにモーリー参加します。

安全に走り切り、レースの刺激を全身で吸収して

自転車ライフを盛り上げていきたいと思います。

一緒に走る方一緒に安全マージンをしっかりとって

アグレッシブに走りましょう。

応援よろしくお願い致します。

PAGE TOP