パンクじゃなくてもチューブ交換は必要。

スタッフブログメンテナンス商品紹介 ひたちなか店

チューブを使用している方ここをチェック!

タイヤを見て、地面との接地面が平らになっていたり表面がカラカラに乾燥して

ひび割れしていたりするタイヤはグリップ力は低下しています。

この場合は交換がおススメです。交換すると快適に走れます。

 

今回、知って頂きたいのがコチラ!!!

使用期間約一年。走っていてなんだかバイクが重たく感じるようになって

しばしば・・・・疲れているのかな・・・・なんだろう・・・・

チェーンをキレイにしても進みが鈍い・・・・

原因はコレでした!⇓

タイヤにチューブが張り付いて、走りを重くされていました・・・・

タイヤにチューブが張り付いてしまうと、写真を見ての通りチューブが伸びてビロビロになってしまいます。

それと、張り付いてしまう事でリム打ちパンクがしやすくなったりとあまり良いことがありません。

 

パンクしなくてもある程度期間が経っているタイヤとチューブはチェックしてみて下さい。

タイヤとチューブが新しいと、段差を越える時の振動吸収性が全然違います。

漕ぎだしの軽い自転車が帰ってきました!!

 

チューブが入っていないチューブレスホイールもオススメ!!

チューブの代わりに、【シーラント】パンク修理材をタイヤの中に入れておきます。

すると、仮にタイヤに普段ならパンクしてしまうような穴ならシーラントがふさいでくれます。

穴のサイズによってはふさぎきれないものもありますが大抵のものはふさいでくれます。

店頭に試乗ホイールもありますので是非気になった方はお試しください。

しなやかさにびっくりするはずです。

 

PAGE TOP