「ツールドおきなわ」楽しんできました!

スタッフブログライド&イベント 日立本店

秋が深まり朝夕が寒くなるこの時期に暖かい南国の島で開催される「ツールドおきなわ」に今年もO2メンバーのみなさんと楽しく遊んできました。

 

 

サイクリング班、朝6時にホテルからスタート地点まで12km自走で向かいます。

 

 

 

おきなわ本島一周サイクリング班、1日目のスタート前、これから180km先のゴールを目指します。

この日は北風7mの予報、Wさんはじめみんなで協力し先頭交代しながら前半の平坦区間と言われる90km中間地点、お昼休憩ポイントまで強風と奥の登りに苦戦しましたが予想より早く到着し美味しいお昼ご飯を頂きました。カレーライス美味しかったです!

 

本島一周サイクリング1日目後半は厳しいアップダウンの連続の走行距離90km、市民レース100km、140km、210kmの後半コースとほぼ同じコースを走るので登坂力とタフなメンタルが要求される区間なので平坦と違いグループ走行でなく各自のペースで行くことに、休憩ポイント毎で合流し(Iさんだけは休憩なしで3時間走りっぱなし)、最終休憩ポイントの大浦パークは制限時間前に全員合流、完走お墨付きとなり、最後の山越えして無事にホテルまで帰ってきました。1日目はスタート地点までの自走を含めると距離194km、獲得標高2289mとハードワークとなってました。

 

 

レース班の市民100km、140kmのみなさん、ホテルから奥間ビーチまでは車で移動しそれぞのれスタート地点へ!

レース班の市民50km、210kmのみなさん、ホテルからスタート地点の名護市内まで12kmをアップがてら移動して各スタート時間まで待機します。

 

レース当日の天候は晴れ、湿度も低く、風速3m前後と絶好のレース日和となりました。
各レースメンバーのみなさんはそれぞれのドラマがあったようで自分の目標にもう一歩、あと数秒で、昨年よりは良かった、来年は210kmへ挑戦などもう来年に向けて気持ちも向かっていたようです。すみません品田はサイクリング班でしたのでレース内容やドラマはレース参加メンバーさんに聞いてみて下さい!

 

 

 

本島一周サイクリング2日目は名護から南下し東海岸から西海岸の那覇を経由して国道58号で名護まで戻ってくる158km。
今年も台湾のグループと一緒にホテル下の広場からスタート、昨年より台湾からのサイクリストが少なくなっている感じがしましたが日本語を話す方は全体として少なかったのは昨年と同じでした。なぜかアウェイ感?それだけおきなわのサイクリングの魅力が隣国に伝わっているだなと感じた次第です。

 

海中道路の両脇の海岸や海が綺麗で思わず立ち止まって黄昏てしまいました。


那覇を通過し国道58号線を北上、綺麗な西海岸線をトレイン組んでゴールの名護まで最後の力を振り絞って走ってます。


本島一周サイクリング班は全員無事に笑顔でゴールすることが出来ました。
2日間で走行距離359km、獲得標高3641mと結構タフなコース!お疲れ様でした。

今回O2おきなわツアーに参加頂いたみなさん、至らない事も多々あったかと思いますがご参加、ご協力ありがとうございました。

そしてツールドおきなわのスタッフ、関係者のみなさんのお陰様で楽しく安全に走ることが出来ました事、感謝申し上げます。ありがとうございました。

また来年も「O2おきなわツアー」企画して、より楽しくレースにサイクリングにチャレンジして頂けるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。みなさんの参加お待ちしております。

 

PAGE TOP